女の人

敏感肌のスキンケア術~しっかり保湿でうるうる肌へ~

乾燥肌対策

化粧水

乾燥肌になりやすい場合には、まずは生活の見直しをしてみましょう。健康的な生活を送ることを心がけることで、ある程度肌の状態をよくすることも可能と言われています。また、肌の保湿などを考えているならば、化粧水などの化粧品を選ぶ時には低刺激で自分の肌に合うものをじっくりと選ぶことが重要です。

セルフケアで治す方法

女性

ニキビは生活に気をつけたり肌を清潔にしておくことで短期間で治せますが、ニキビ跡はこじらせると一生残ってしまうことがあります。ニキビ跡はできないようにするのが一番ですが、出来てしまったらタイプ別に適切なケアをすることが大切です。

自分に合った化粧品とは

レディー

自分の肌質は自分で確認

皆さんは、ご自分の肌質をご存知でしょうか。私は毎日の中でも時間によって、また季節によってもコロコロと変わる気まぐれ肌なのですが、最近は「敏感肌」で悩む方が増えてきているようです。敏感肌とは、強い洗剤や化粧品を使ったときに肌が荒れたり赤みが出たり衣類が原因でピリピリしたりするなど、普通の人よりも反応しやすい肌を一般的に「敏感肌」と呼んでいます。医学的には「敏感肌」という病名はありません。感じ方も人それぞれで、化粧水がしみたり赤くなったりする方もいらっしゃれば、髪の毛が触れただけでかゆくなったりする方もいらっしゃいます。敏感肌にはアレルギーが原因の場合もあります。身体のどこか一ヵ所に反応して全身に現れる場合もあります。また、生活習慣が原因の場合もありますし、自分自身の手によって、間違ったスキンケアを行った結果ということもありますので注意が必要です。

肌の状態をよく知る

では、普段の生活の中で気を付けることとは何でしょう。まずは、お肌に合った栄養の摂取です。身体の健康のためにと色々な食材が出回っていますが、肌を基本と考えるならば、ターンオーバーを促すのに必要なビタミンA、皮膚の元になるたんぱく質、皮膚の保温にはアミノ酸が重要です。身体の内側からケアしていきましょう。また、敏感肌用の化粧品ですが、普通肌用の化粧品とどこが違うのでしょうか。それは、中身の成分の配合が刺激の少ないものになっているということです。だからといってすべての方が合うわけではありません。使用感は人それぞれですので、ご自分の肌が反応してしまう成分の入っていないものを試してから購入するなど、やはり自分の肌質をしっかりと確かめる必要があるようです。

ニキビに困る女性へ

スキンケア

誰でも簡単に使用することができて、ニキビにとても効果があるとされているのがリプロスキンという薬用の化粧水です。ニキビ後にも使用することができますので、ニキビ跡を残したくないという女性にもピッタリの化粧水となっています。